最先端の癌の治療方法

  • 癌治療に使われる重粒子線治療

    • 癌の三大治療法としては、外科的療法と化学療法そして放射線療法があります。

      女性のウィッグ情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

      この3つを単独もしくは組み合わせながら治療が施されていきます。

      この中の放射線療法のひとつとして最近注目されている治療法に重粒子線治療といわれるものがあります。放射線の中の重粒子線というものを使ったものです。
      放射線には、電子よりも重い粒子線というものがあり、その中でもヘリウムイオン線よりも重いものを重粒子線といっており、これを癌治療に使ったものです。


      重粒子線にはいくつかの種類がありますが、癌治療には炭素イオンを使用しています。



      この重粒子線を光の速度の約70%まで加速させて、癌病巣に直接照射します。
      体の深部にある癌にも攻撃することができます。

      医療かつらの治療の有益な情報を提供します。

      また従来の放射線では体の奥のほうに行ってしまうと影響力が下がってしまいダメージを的確に与えることができないこともありましたが、重粒子線の場合には体内にある癌にピークを持っていくことができるため利協力が低下するということはなく、癌を狙い撃ちすることができるようになりました。


      そのほかの特徴として、癌の形や位置に合わせた照射を行うことができるということが挙げられます。


      同じような病気の患者さんでも病巣の位置や形状には若干の違いがみられます。



      重粒子線では患者さん一人一人に合わせた照射を行うことができるようになり、病巣以外の脊髄などの大切な器官への影響を少なくすることができるようになっています。



      重粒子線を治療に用いるメリットとしては、第一に体への負担が少ないことがあります。

      https://4meee.com/articles/view/144146

      外科的手術では病巣を直接切ることができるので根治率が高いですが、体の一部を切除してしまうために体への負担がどうしても大きくなってしまいます。

      http://smany.jp/9621

      しかし重粒子線の場合には切らずに照射することができるので、体への負担を軽くすることができます。

      また通院による治療も可能で、仕事や家庭と両立させながら病気に向き合うこともできるようになっています。

      http://smany.jp/9161

  • 関連リンク

    • テレビや新聞で、印刷工場で働いていた従業員が集団で胆管癌を発症しなくなるというニュースを耳にしたことがある方は多いことです。印刷工場で使われていた化学物質が影響して胆管癌を発症したといわれていますが、まだまだどのようなことが原因となり発症したのかは調査中の段階です。...

    • 老人ホームがどんどん建設されています。これから間違いなく高齢化社会になります。...